ryottaman.com

Turn a negative into a positive picture.

大事なのは、自分のペースを知ることだと今さら気がついた

   

くじ運のない僕ですが、なんと3月に開催される横浜マラソンの抽選に当たったのです!フルマラソンに人生初チャレンジです。

一応、大学までは体育会の割とキチンとした部活動をやっていたこともあり、「なんとかなるんじゃないかな!」とタカをくくってたのが大間違いでした…

大学以来、これといって運動をして来なかった三十路のおじさんが、初めてランニングの練習をしたのが1月3日。

この時点で、かなりナメている。

結果は散々。GPSで走った距離が1キロを示す前に歩く。その後も走っては歩き走っては歩きでようやく3キロ…

次の日から3日くらいは、とにかく太ももの筋肉痛がヒドくて歩くのもやっと、という有り様でした…
それから今日までで、30分で5キロを息を乱さず走りきれるようになりました。距離も週を追うごとに5キロ単位で増やせるほどに…!

我ながら驚きですが、やったことは一つだけです。それは…

ペースを上げずにゆっくり走る

これだけで、運動習慣がなくともすぐに5キロ10キロを走れてしまいます。

マラソンやランニングをする習慣のない人にありがちらしいのですが、走れない人はペースが早いらしいのです。初練習の僕がまさにそうでした。

今回挑戦するマラソンは、6時間がタイムリミットなんですが、1キロを8分半で走れば完走できるんですね。このペース、かなりゆっくりなんです。逆にこのペースで走る方が難しいくらいです。

しかし、「フルマラソンを完走する」という目標に対してはこのペースで十分なんですね。

無理やりまとめるとこういうことです。

何か未知のことにチャレンジするときは、ちゃんと目標を定めること。そして、その目標が自分のペースで達成できる範囲を著しく逸脱していないことが重要です。

そうでない目標はただの無謀かもしれません。その目標、見直してみてくださいね。

スポンサーリンク

 - 未分類