ryottaman.com

Turn a negative into a positive picture.

Evernote、紙類のデータをスマートに「処理」できるスキャンアプリ「Scannable」

   

スマートデバイスでビジネス文書などを閲覧することも増え、紙文書をデジタル化しておくと非常に便利ですよね。
ただ、文書をスマホのカメラで撮影するのがうまくいかない、撮った写真がカメラロールに置きっぱなしなど、個人的にはまだまだデジタル化がうまくできていません。

今回ご紹介するアプリは、データを「残す」ことよりも「どう処理するか」に重点を置いたスキャンアプリ「Scannable 」です。

Evernote Scannable

無料
(2015.01.09時点)
posted with ポチレバ

使い方はこちらの公式動画をご覧いただくのが一番わかりやすいかと思います。

お手軽!スマホで自動スキャン

sc-blog-docscan

アプリを起動すると、すぐに紙文書などを検出して自動で撮影してくれます。上手く撮影できない要素であったタップは必要ありません。原稿の両端や色を調整など、すべてが自動化されているので非常に簡単です。
スキャン後は、画面下に表示されるサムネイル画像で確認したり、そのまま次の原稿をスキャンしたりできます。

ShareScreen

各サービスや機能への共有も非常に分かりやすいです。

名刺から連絡先へ瞬時に登録

sc-blog-bizcard@2x-1024x715

大切なのは名刺そのものではなく、その人自体との関係です。もらった名刺を引き出しの中に保管しておいても、写真を撮っておいても、それによって相手との距離が近づくわけではありません。そこで、名刺交換というイベントで終わらずに発展性をもたせるために、Scannable をご活用ください。

この思想に非常に共感しました!
名刺に含まれる情報を瞬時にデジタル化できます。いくつか試してみましたが文字情報は正確に読み取れていました。(社名ロゴなどは難しい場合もあるようです)LinkedIn プロフィール情報も追加できますが、国産の名刺管理サービスのeightだとFacebook、Gmailの連携もあり、名刺の自動更新もしてくれるので、ちょっと弱いですかね。
「瞬時に」というところとスマホの連絡先に登録できるのは良いですね。交換後のお礼メール送るのもスピーディーにできそうです。

ScanSnapスキャナにアプリから Wi-Fi 経由で接続も

ScanSnap Evernote Edition スキャナをお持ちであれば、このアプリとスキャナの組み合わせによりコストが安くて操作に時間もかからない、ソリューションが実現できます。

ScanSnap Evernote Edition スキャナはこちらから購入可能です↓
ScanSnap Evernote Edition スキャナ | Evernote Market

まとめ

Sc_White_Lockup-1024x768-232x232

とりあえずデータを「残す」だけであれば、机の引き出しやデスクの上をいつみるか分からない書類や紙でいっぱいにしておくのと何ら変わりませんよね。
「残す」のではなく残したデータを活かすために「どう処理するか」を意識してこのアプリを使ってみたいと思います。

Evernote Scannable

無料
(2015.01.09時点)
posted with ポチレバ

<参考URL>
Scannable: Evernote の新しいモバイル用スキャンアプリ - Evernote日本語版ブログ

Scannable | Evernote

スポンサーリンク

 - TECH , , , , , , ,